近視と疲れ目

眼科治療

眼科治療

眼科による近視治療はどのように行われているのでしょうか。
最近の治療技術を紹介しましょう。
まず、その前提として近視は病気なのでしょうか。日本人の3 人に1 人は近視だと言われています。メガネ屋さんはどこに行ってもありますよね。
また、眼科医でコンタクトを処方してもらっている人もたくさんいます。これらを治療と呼ぶこともできますが、眼科での治療と呼ぶときにはレーザーなどを使った手術のことを指していると考えましょう。
近視を手術によって完全になおす時代となったのです。手術後はメガネもコンタクトも必要ありません。毎日の生活が楽になることは間違いありませんね。
レーザーの手術の方法にはいくつかの種類があります。その方法によって健康保険が適用されるかどうかが決まります。
実際に自分が治療を受けようと考えるのであれば、眼科医の説明を十分に聞いてみることです。
多くの人がレーザーによる手術(レーシック法)を受けているのが現実です。
インターネットで調べてみるとよいでしょう。
手術ですか、100%の成功とはなりません。しかし、致命的な失敗はまずないと考えてよいでしょう。
どのような場合でも医療ミスや医療事故は発生するからです。近視の治療の場合だけリスクが高いわけではないのです。
技術の進歩によって、新しい方法も考案されています。より安全な方法と言えるでしょう。
近視治療によって後遺症が残る場合もあります。ただ、ドライアイなどを後遺症と呼ぶべきかどうかは疑問の余地がありますね。目の使い過ぎでもドライアイになることがあるからです。

 

眼科治療