近視と疲れ目

近視の特徴

近視の特徴

近視の症状の特徴を紹介しましょう。
近視とは自覚症状として、遠くのものがきれいに見えないと言うことです。
近くははっきりと見えます。ちょっと近視が進むと少し離れた人の顔がぼやけて見えない状態となります。
もちろん、このような状態では日常生活に支障が出ますから、メガネやコンタクトに頼ることになります。メガネを掛けていなければ、黒板の文字がよく見えなかったり、歩行中につまずきやすかったりします。
また、無理して焦点を合わせようとするために疲れやすくなります。根気がなく飽きやすいと評価されてしまうこともあるようです。
近視をそのまま放置しておくことは本人にとっていいこととは言えません。
何らかの手段を講じなければならないのです。
現代は近視が治療できる時代だと言われています。今まではメガネでしたが、これからはレーシックによる近視治療が一般的になるのです。
もちろん、レーシックにはリスクが伴います。確実に成功するとは言えないのです。
眼科医の中でも十分に経験を積んだ人に手術をしてもらうことが大切ですね。もっとも、国内でレーシック手術が行われるようになってから、長い期間は経っていません。そのため経験を持つ眼科医はそれほど多くありません。
メガネやコンタクトを使用している人の方が多いのはそのようなところにも理由があるのかもしれません。メガネを掛けることで近視の改善ができるのですから、リスクを冒す必要もないと考えるのです。
また、十分信頼に足るだけの眼科医が身近にいないこともあるでしょう。

 

近視の特徴