近視と疲れ目

近視の回復

近視の回復

近視治療に対する考え方はいろいろとあります。代表的なものとしてメガネやコンタクトを着けることがあります。
それからレーシックと呼ばれるレーザーによる手術があります。そして、対処療法となりますが、訓練によって視力を回復させる方法です。
視力を回復させる方法は治療と呼べるのかどうかは議論の余地があるのかもしれません。しかし、一時的にであっても、視力が回復することは事実です。
それを継続することで治療とみなすことはできるのかもしれませんね。もちろん、眼科医による治療ではありません。
近視の原因が目の使い過ぎによるものであれば、マッサージなどによって疲労を回復してやることで、視力が回復するのではないかと言う考えに基づいています。
角膜の厚みを変えることによって、目は物にピントを合わせようとします。
近視の人は、この筋肉の動きがスムーズではなくなっているのです。昔から言われていることです。
姿勢を正しくする、近くばかりを見ずに時々遠くを見てみる、ストレッチをすると言ったことが目の疲れを癒してくれるようです。
視力回復を専門的に行っている業者はたくさんいます。しかし、それらが確実に視力を回復させたのかは明確ではありません。
目の体操をすることで一時的に視力は回復します。それをどうやって継続させるかが重要になるのです。

 

近視の回復