近視と疲れ目

近視と視力

近視と視力

学校の視力検査で視力低下を指摘される子どもが増えています。これは近視の初期段階である仮性近視と呼ばれる状態です。
この時期に適切な生活環境を整えてやれば、大人になって近視になることはないと考えられています。しかし、テレビを見たり、ゲームをしたりするこ
とを制限するのは容易ではありません。結果として近視用のメガネの購入になってしまうのです。
近視の視力回復のための情報を紹介しましょう。
トレーニングやちょっとしたことで近視の人でも視力が回復すると考えられています。しかし、これは治療を行っているわけではありませんから、その効果が出たとしても一過性の物と考えるべきです。
日常生活で目を酷使している人はたくさんいます。特に受験勉強中の子どもたちの目はいつも緊張を強いられていると言っていいでしょう。
仮性近視の状態で視力回復をすることができれば、急速な視力低下を避けられると考えられています。そのためはどのようなことができるのでしょうか。
近視になると遠くのものが見えにくくなります。これは水晶体の屈折率が眼球の外に焦点が合うようになっているためです。
視力を取り戻すためには屈折率を変えるための毛様体筋のトレーニングをすることがいいと言われています。この筋肉の機能がうまく働かないために近視になってしまっているのです。
視力回復のためのトレーニングは多くの眼科医が根拠なしとして、治療法の中から排除しています。
医学的に実証されていないのは確かです。しかし、目が疲れた時に適度な休息を取ることによって、物がよく見える経験をした人は多いでしょう。まったく効果がないとは言えないのかもしれません。
近視と視力